公共料金や税金をクレジットカードで支払える?

税金をクレジットカードで支払うことができる、ということは実はあまり知られていなかったのですが、最近では福沢諭吉や夏目漱石が出演しているVISAカードのコマーシャルなどでそのことがうたわれているので、徐々に浸透しつつありますよね。
ですが、税金をクレジットカードで支払えるシステムは、その税金の種別によって異なっています。
支払いが可能なのは住民税や自動車税などの、自治体ベースの税金に限られていることがほとんどです。
一方、所得税などはクレジットカードで支払うことはできません。
大きな情報の窓口としては、VISAカードの「VISAカードで支払う、暮らしの各種料金」というページや、他にはYAHOOが提供しているYAHOO公金支払い、というページを参照するとよいでしょう。
いずれにせよ、税金をはじめ、各種の公共料金をクレジットカードで支払うこと自体がかなり浸透してきています。
その理由としては、やはりクレジットカードのポイントが付与されることが大きいと考えられます。
何しろ公共料金には割引がないので、少しでもクレジットカードを使うことでポイントなどの各種特典を得ておきたい、というのは人情でしょう。
ですから、今後公共料金のカードによる支払いはより広がっていくと予想されます。
あとは、ご自分のお持ちのカードでもよいですし、公共料金を支払うことにより適している、条件のよいカードを探してみるとよいでしょう。
年会費が無料のものがベターですが、年会費がかかってもポイントの還元率がよいカードならばオススメです。