レーザー脱毛はわきがに効果あり?人気の脇脱毛の方法は?

ワキガの原因は、脇の毛根にあるアポクリン汗腺と呼ばれる皮脂腺の存在が一番の原因と考えられています。
アポクリン汗腺の量が通常よりも多くなると、その働きが活発になってワキガが起こります。
アポクリン線は毛穴に沿って存在しているので、レーザー脱毛でこの毛穴ごと破壊してしまえば臭いも軽減することができます。
この治療法でワキガを治療する場合は、3回程度の照射が必要になることと、多汗症にはやや結果が出ずに症状の適応に限界があります。
軽症のワキガにはレーザー脱毛で対応できます。
1回の施術が5分程で済むので、日常生活に制限が全くなくワキガの治療ができることと、脇の脱毛が同時にできてしまうというメリットがあります。
レーザー脱毛でのワキガの治療は、あくまでも軽症の方のみに有効です。
ワキガがひどい方はボトックス等他の治療法を行う方が効果的です。