住宅ローンを組んでいる間にうつ病になってしまったら?

自分の持ち家というのは、だれもが憧れるものだと思いますが、住宅ローンと言う長い支払いが生じるのもマイホームを購入する方の定めです。
長い間、支払いが生じるのが住宅ローンですが、もしその間、借入主がうつ病などになってしまった場合・・などと考えると少し怖いですよね。
実際、仕事の重圧からうつ病を発症し、住宅ローンの支払いが出来なくなったという方は毎年いらっしゃる様です。
ここで重要になってくるのが、住宅ローンの金利だと思います。
例えば、フラット35の様に、35年間低金利でローンが組めれば、たとえうつ病になったとして収入が減っても、なんとか支払いはできる・・という方も増えてくると思います。
フラット35の金利は、2014.
7月現在、1.
769%ですので、一般的な住宅ローンの長期固定と比べてはるかに低いです。
フラット35の審査は、取り扱いがある金融機関で受け付けています。
借り換えもできますので、安定性が欲しい方にはお勧めの住宅ローンです。