IPOアキュセラ当選について

眼科治療ひとすじの臨床医が起業した、バイオベンチャーのアキュセラ・インクは、2014年の2月に日本のマザーズ市場に上場しました。
珍しい会社で、この会社は起業したのはアメリカなのに社長は慶應義塾大学医学部の出身の日本人、創業当時に出資してくれたのも多くは日本の企業という個性的なところです。
IPOのときには人気が出て、各ブロガーも続々と当選の報告をしていました。
このときに、一般の個人投資家の間にも主幹事証券会社よりも副幹事の証券会社で当選しやすいなどの知識が浸透していきました。
また、モルガン・スタンレー証券が当選しやすいなどの噂も流れました。
これは外資系の証券会社ですから、もしかしてアキュセラ・インクが米国で創業したことが関係あるのかも知れません。
ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】